はたしてガンに克つことは出来るのだろうか?
私たちは
"自らの力で、ガンは必ず克服できる”との
強い信念で『郭林新気功』に取り組んでいます。


2004/3/05 FIRST UP DATE
2019/11/27 LAST UP DATE


   特別のお知らせ!

**オリエンテーション受講お勧めキャンペーン**

♯ 期 間: 2019年10月〜12月
♯ 受講料: 500円 (通常 2,000円)


*”がん”を甘く見てはいけない。
   何だかフッと体調が気になったら
   がん健診を受け、早期発見・早期治療を!
  
  がんに特化した気功のことも
   オリエンテーションを受け知っておきましょう!
   がんと闘う、自分の免疫を高めるために!

 日本では今や2人に1人が"がん”に罹ると言われ、早期発見、早期治療が何よりの対策だと言われてます。早期発見にはがん検診が欠かせません。アメリカやヨーロッパでは70〜80%以上の人ががん検診を受けていると言われています。しかし、日本ではがん検診の受診率は50%以下だそうです。著名大学病院の教授だった人が未だに「がんもどき説」を唱え、がん検診を否定的に評価している状況にあり、こんな説が未だにまかり通っています。
日本ではがん死亡率が上がっているのに対し、がん検診受診率の高い欧米では下がりつつあります。


*早期発見、早期治療で
  今やがんは乗り越えられる病気です。

 ところで、ここ10数年のがん治療に関する西洋医学の進歩は目覚ましい進展があります。それでも、すべてのがんを淘汰するような万能の治療法はありません。それだけがんと闘うと言うことは一筋縄ではいかないと言うことです。
 最近注目のがん治療法は私達人間が本来持っている免疫力を活性化するものに視点が当てられています。ノーベル賞受賞の京都大学教授・本庶氏のオプジーボしかり、米国立がん研究所(NCI)の主任研究員 小林久隆医師が開発した光免疫療法などもしかりです。


*郭林新気功は 
 「自己免疫力強化」で
がんと闘う力を補強するお手伝いをします。

*郭林新気功は「風呼吸」と言う
独特の呼吸法を使うことで酸素を大量に取り込み、
がん細胞にダメージを与えます。

 私たちが取り組んでいる郭林新気功も人間本来がもっている自己免疫力を活性化してがんに立ち向かう力を身に付けようとする気功です。私達の気功は、所謂気功師ががん患者の患部に手を当てて気を送る方法で治療する「外気功」とは違って、私達自身が自分で気功をして、自分自身が本来持っている自分の”気”を、自分で気功をすることで揺り動かし、そのことによって自己免疫力を活性化するものです。これを「内気功」と言います。

 郭林新気功は中国で生まれたがんに特化した新しい気功です。50年ほど前に郭林女史が自分自身のがんを克服するために開発した気功で、北京の公園で郭林女史ががんを治す為に気功をやっていて、どんどん元気になっていくのを見ていたがん患者が自分にも教えて欲しいと言って広がって行った気功です。中国では
この気功でがんを乗り越えたがん体験者が組織を作って引き継ぎ、中国全土や海外に広げて行きました。
 30数年前、この事を知った日本の医師、気功講師、学習健康器具会社の人達が北京へ視察に行き、本物であることを確信したそうです。学習健康器具会社の社員としてかかわった萬田靖武氏がこれを引き継ぎ、郭林新気功協会を設立して、中国から講師を招いてがん体験者にこの気功を繋いで行きました。この教室で気功を学び、がんを乗り越えることが出来た私たちがん体験者が、北京へ行って指導を受け、講師となって
今教室を繋いでいます。

 ここ数年来、私達の教室にお出でになる方の傾向は、ご自分のがん治療に取り組むのが遅いのでは? と思ってしまうことです。多分躊躇している時間が長いのではないかと推測されるのです。私達経験者としては、
早ければ早いほど治療は楽なのにと思ってしまいます。

*自分のがんに気付いたら、
  迷わず、躊躇せず、
   もっと早く検診を受け、
    治療に取り組んで欲しい。


 対策は
 @ 西洋医学の治療を柱に据えること。
 A 自分で出来る気功で、がんに克つ体をつくること。

 私達は
 @ じっくり2時間掛けて教室体験とオリエンテーションを行います。
 A 無理に入会を勧めることはありません。
     私達の気功はご自分の日常生活の中で
      自分でする事が大切だからです。


  
ただただ がんを乗り越えて欲しいだけです。

オリエンテーション日程と申込方法はすぐ下にあります。


 
私たちの『がんに克つ』ための5つの原則

 1.”絶対がんに克つ!”と言う強い信念を持つ。
  ーーわたしの主治医は
           ”自分”
であることを自覚する。
  ーー検査結果をふまえ、
           病気の今の姿を正しく把握する。
  ーー病気について
          正しく判断出来る知識を身に付ける。
  ーー病気に対し、冷静に判断し対応する
  ーーあきらめない。必ず手立てはある。
             自分を信じあきらめない。
  ーーがん細胞を消せなくても、
      自分の生活が普通に送れるように
          自分のがんをコントロール出来て
            人生を全うできることが克つことです。
2.治療の第一の柱には西洋医療を据える。
  ーー病気を正しく知る検査技術は
               西洋医療がもっている。
  ーー西洋医療は日進月歩。
             常に新しい方法を生み出す。
  ーーただし、西洋医療が万能ではない。
               副作用も無視できない。
3.《気功》をがんと闘う武器とする。
       《気功》は唯一自分で出来ること
!
  ーー郭林新気功はがんに強い”酸素”を
     多量に取り込む呼吸法「風呼吸」を使う。
  ーー郭林新気功は自分の体内にある
             自分の気を高める内気功
  ーー気功をやって自分の気を活性化することで
          自己免疫力を高めることが出来る。
  ーー自己免疫力を高めることで
           
初めてがんと闘うことが出来る。
  ーー郭林新気功はやったらやっただけ、
              結果が自分に戻ってくる
4.生活の在り方を見直す。
  ーー何故がんになったのか?
          これまでの生活の中に原因がある。
  ーー病気の原因となった生活の在り方を
       見直すことが再発・転移を防ぐ手立て。
            もう以前の生活には戻らない

5.お互いに支え合うことの出来る
            「がん仲間」を持つ。

  ーー自分達の不安や悩みを語り合えるのは、
      がん仲間。
  ーーがん仲間は
      いつも本気で話し合える大切な人達。
  ーーがん仲間の話には、”体験”という根拠がある
  ーー教室では、

     講師も生徒もみんながん体験者!がん仲間!
     


湘南茅ヶ崎海岸から見た
初日の出
快晴だったのに、
何故か江の島の上には雲が!
(2019年元旦)

茅ヶ崎海岸沿いの
国道134号線から見た
富士山
翌2日には箱根駅伝が通ります。
(2019年元旦)

教室・仲間の誓い”

私達がん体験の仲間は
がんを恐れることなく
しかし、がんに油断することなく
郭林新気功を武器として
仲間同士で力を合わせ、支え合って
今年もがんと闘います。


トピックス 郭林新気功とは!
 検索サイトから「トピックス」を選んで入ると、このページしか出ません。
 左のボタンををクリックすると、左側に目次のついたページになり、ホームページの総てがご覧になれます。
郭林新気功についての
オリエンテーションご案内


郭林新気功に関心があるが、どんな気功なのか、
自分に合うかどうか話を聞いてみたいという方は
是非お出でください。

最近お問合せが増えてきましたので
毎月2会場で行っています。

郭林新気功がどんなものかご理解頂けるように
その原理や効果、功法の概要を
ご説明いたします。

がんでお悩みの方ご自身、或いはご家族の方
お待ちしています。

早稲田教室
 日程    次回は2019年12月10日(火)
               24日(火)です。 

 *当日ご都合の悪い方はご相談ください。
 *オリエンテーションご希望の方は
    事前に下記問合せ先へご予約下さい。
 内容
 12:30〜14:30  講義(含 質疑応答)
                       教室体験
 *途中で休憩時間を設けます。
 受講料  2,000円   500円
 会場  早稲田奉仕園 セミナーハウス
  東京都新宿区西早稲田2−3−1
    TEL 03−3205−5411
  最寄り駅:地下鉄東西線「早稲田」 徒歩6分
 *「早稲田奉仕園」で検索すると地図が
                   ご覧頂けます。
 予約・
 問合せ
 郭林新気功協会
  TEL   04−2957−8617(鵜澤)
  Email  kazz.harada@nifty.ne.jp(原田)
 準備の都合上、2日前までにご予約下さい。

築地教室
 日程    2019年12月01日(日) 13:00〜15:00
 内容     13:00〜15:00 講義(含 質疑応答)
  受講料    2,000円  500円
  会場    築地社会教育会館
   東京都中央区築地4−15−1
     TEL 03−3542−4801
   最寄り駅:東京メトロ日比谷線
         都営浅草線
            「東銀座」 徒歩5分
  *「築地社会教育会館」で検索すると
            地図がご覧いただけます。
 予約・
 問合せ 
  郭林新気功協会
  TEL   04−2957−8617(鵜澤)
  Email  kazz.harada@nifty.ne.jp(原田)
 準備の都合上、2日前までにご予約下さい。

 
 トピックス 
       
        みらいメディカルクリニック茗荷谷医長濱口先生の講演会を行いました(2019/7)
           7月7日(日)13:30から早稲田奉仕園にて「がん治療の取り組み方」をテーマに講演をして頂きました。
          濱口先生は京都大学名誉教授で京都からすま和田クリニック院長の和田博巳に師事され、食事・栄養の
          改善、免疫力の向上を目指すとともに、がんの炎症・代謝を考慮したがん治療をされています。
           食生活では、がんに糖分を与えない、塩分を与えない、乳製品は摂らない、タンパク質は植物性を
          などなど、根拠を示し乍らかなり具体的なお話をして下さいました。
           講演の後の質問も、関心の深い食生活のことで多くの質問が出されましたが、ひとつひとつ丁寧に
          答えて下さって、とても有意義な講演会でした。

        春の茶話会、元気に歌で締めくくり(2019/4)  
           
           4月16日(火)恒例の春の茶話会が行われました。今日見学に来られた方も参加されました。
          この日は茶話会の進行を担当した講師の体験談から始まりました。「27年前に子宮ガンが見つかって
          全摘手術、その2年後に乳がん。これも全摘で、再建手術。もう2度と再発は嫌だと思い、たまたま見つ
          けたタウン誌の記事で郭林新気功を見つけ入会。以来24年気功を続けてきたとのこと。”お医者さん任
          せでなくて、がんと闘うために自分で出来る気功にどんなに勇気付けられたことか”などなど他の人達か
          らも次々と声が上がり、これからも仲間で励まし合ってがんと闘うことを確認し合い、最後に楽しい歌を
          歌って閉会となりました。
       
        東京早稲田教室(三心会)では今年1月から
                    毎月1回会員による情報交換会(車座会)を始めました
(2019/1)
           がんと闘って行くためには、教室に参加する会員の皆さんがお互いの絆を深め支え合って行くことが
          とても大切です。これ迄も年2回の茶話会や戸隠合宿で情報交換会を行ってきましたが、もっと先輩後輩
          の繋がりを密にして、繋がりを深めて行くことでそれぞれの持っている経験・知識をみんなのものにして行
          くことで、がんと闘う力をみんなの共通の力に高めて行こうと言うことで、毎月1回行うことにしました。
           このことで教室をみんなの気が集まる力強い「気場」に高め、この気場に浸って元気を貰って、日常の
          生活の中での気功もひとり孤独の中で気功をやっていると言う事でなく、みんなで気功をやっているという
          連帯感を感じながら、共にがんと闘っていることを確認し、誓い合いました。
          
        2018年・年功賞授与式と茶話会(2018/12)
          東京早稲田教室・三心会では11月20日恒例の年功賞授与式&茶話会を行いました。1年功2名、
          3年功2名、5年功1名、10年功1名、25年功1名です。この日は代表の萬田紀子氏からそれぞれ賞書
          を授与され、茶話会授与者から入会以来の想いこもごもの話を聞かせて貰いました。ブログにも掲載され
          ましたので、ご覧になって下さい。
          水戸教室では12月8日に行われ、1年功1名、3年功2名が授与されました。東京築地教室・康復会では
          12月23日です。3年功1名、10年功2名、25年功1名が授与されます。
         
        恒例の戸隠合宿2018 今年は20回目。よう続いているな〜!(2018/9)
          超大型の台風21号が四国を目指して接近し、天候が不安定な最中、9月1日(土)〜3日(月)、今年は
          47名が集まりました。1日目戸隠は朝から弱い雨が。午後3時からの合宿最初の森林植物園での全員
          気功の直前で雨上がったのです。戸隠で気功をやりたいと言うみんなの思いが届いたのか、空も心なし
          か明るくなって全員元気に決行!
          2日目の早朝奥社参道練功、午前10〜12時の功法別練功、3日目森林公園での早朝練功。
          3日目ず〜っと雲が掛かっていた戸隠山がくっきりと姿を見せてくれて、思わずみんなが”ワ〜”と大歓
          声。全員交流会は勿論、夕食会でもみんなが体験を語り合い、励まし合い、お互いにがんと闘うパワー
          の交換が出来ました。
          戸隠合宿の様子はブログ https://kakurinhonnbu.blogspot.com/  をご覧になって下さい.。
       
        春の茶話会が行われました(2018/4)
         
          4月24日恒例の春の茶話会が行われました。今回はたまたま入会されて1週間と言う方がお出でになり
          ましたので参加者の皆さんからその方へのメッセージっを語ると言った思いで、それぞれ入会した時の
          ご自分の不安な思いからどのように立ち上がって今のご自分があるのかについて話されました。
          新しい方を包み込むような雰囲気の中で、とてもアットホームな茶話会でした。
       
        2017年度賞書授与式と茶話会(2017/12)
          今年度の年功賞賞書授与式が11月28日三心会、12月9日水戸教室、翌10日康復会で行われました。
         今年の受賞者は三心会が15名(25年功=1名、20年功=1名、15年功=1名、10年功=2名、5年功=4名、
         3年功=4名、1年功=2名)、水戸が3名(10年功=1名、3年功=1名、1年功=1名)、康復会が7名(15年功
         =3名、5年功=3名、3年功=1名)でした。引き続き行われた茶話会での授賞コメントでは、1年功の人達
         から「病気治療をしながら、路頭に迷った子猫のように不安に駆られて気功を始め、少しづつ希望を取り戻
         しつつの本当に長い1年でした。」とか、3年功の人から「最近になってようやく自分の体や心の声を素直に聞
         くことが出来るようになった。」などなど。先輩からは「普段か禁物、気功は命を養う養命功として一生続ける
         のですよ。」と励ましの声がありました。

        今年で19回目となる恒例の戸隠合宿が行われました。(2017/9)
          9月2日から4日の3日間恒例の戸隠合宿が行われました。今年の参加者は40名と、昨年の30周年記念
         合宿と比べて参加者も例年のペースに戻り、とてもゆったりした雰囲気の中で行われました。それだけに、
         参加者の中での交流がとても密度の濃い充実したものとなりました。
       
        今年も恒例の春の茶話会が開催されました(2017/4)
          4月18日春の茶話会が行われました。参加された方の手記で茶話会の雰囲気をお知らせします。
           手作りのクッキーや、きれいなタケノコご飯のおにぎりを前に、ほっこりする幸せ。皆さんのお話に「なるほ
         ど〜」とうなずいたり、「本当にそう!」と共感したり。それぞれの方に色々なことがあって、それを超えて此処
         に参加されている。その輪の中に自分がいることが嬉しい。
          一年前の春の茶話会は、三心会での私のスタート地点だった。あの日、前を歩いている皆さんが見えたか
         ら、安心して歩き始めることが出来た。あれからは結構じたばたした1年だったけれど、病気になったからこそ
         の小さい幸せもたくさん見つけることが出来た。三心会での気功も、茶話会も。多くのつながりも。元気をもらっ
         て、よし、明日から頑張ろう!と思えたひとときに感謝を込めて。(三心会 J.I.)
         
        30周年記念講演会の最後を飾る「帯津先生講演会」が行われました(2016/12)
         12月16日(日)30周年記念講演の最後を飾る講演会が川越の帯津三敬病院・帯津名誉院長をお迎えして行わ
         れました。お話のテーマは「歓喜と創造、そして凛として」。医療に携わるご自身の経験を通して、何事にも前向
         きなこころの在りようがとても大きな作用をすることを見てきて、ご自分もそれを実践しているとのこと。81歳の
         帯津先生の全身からから溢れんばかりの元気のオーラを降り注いで頂きました。
      
        今年も恒例の年功書年功賞授与式と茶話会を行いました(2016/11)
         11月22日三心会で今年度の賞書授与式と茶話会を行いました。今年度の年功賞は、25年功 1名、20年功 2名、
         10年功 2名、5年功 6名、3年功 1名、1年功 10名でした。茶話会では授賞されたみなさんのお話を聞かせて頂き
         ました。不安な気持ちの中で前向きに病気と闘いたいとの思いで教室に入会されてようやく1年。闘う武器を手に
         入れて、毎日歩くことで少しづつ道が開けてきて1年。ここまで来れたのだから自分を信じてもう1年頑張ろうと、
         年を積み重ねて3年、5年、やがては25年。三心(信心・決心、恒心)こそが気功の原動力。
         康復会:12月4日:10年功 6名、3年功 2名、1年功 1名。
         水戸教室:12月10日:10年功 3名、1年功 2名。
       
        30周年記念 第4弾「登山家 田部井さん講演会」(2016/9)
         戸隠合宿の最終日9月5日、長野の街に下りて合宿に参加した全国の皆さんに、登山家・田部井淳子さんの
         エネルギー溢れるお話を聞いて頂くことが出来ました。この日の田部井さんは腸閉そくで1カ月ほど入院された
         直後で、足元の覚束ない状態で、ご主人の運転する車で長野まで来て下さいました。
         そんな状態でもお話は実にエネルギーに充ちたものでした。「エプロンはずして夢の山」とのテーマでお話し頂き
         ましたが、山登りへの思い、ふるさと三春への思い、東日本大震災への思い、ここから始まるご自分の役割への
         思い、がんとの闘いへの思い、明日に向かっての前向きな思い、前向きな行動。田部井さんのお話から多くの
         漲る元気を頂くことが出来ました。参加者の皆さんにとって、病気と闘う大きなエネルギーになった講演会でした。
        
 
 田部井さんは10月20日ご逝去されました。つい先日私たちがん仲間に大きなエネルギーを下さった田部井さんが旅立たれたことに大きな衝撃を受けました。私たちの講演会に命を削ってお出で下さったとすれば、胸が詰まる思いです。
 しかし、私たちに下さった力強いメッセージをしっかりと受け止め、それぞれの在り方で活かしていくことこそ、田部井さんの思いに応えることになるのではと思います。
 謹んでご冥福を祈りつつ、私たちの思いをここに記します、合掌。 (2016.10.26.HARADA)

                   田部井淳子熱く語る

 9月5日長野駅近くの市生涯学習センターで「明日何するか」の生き方から「明日はこれがある、明後日はあれをやる」の生き方へと変え、自分自身の豊かな歴史づくりをして欲しいと話された。
 ユーモアと機知に富んだ巧みな話術で会場に詰め掛けた戸隠合宿参加者60余名を圧倒。涙と笑いと感動が会場を満たした。
 自身のがん闘病経緯、東日本大震災から「被災高校生を日本一の富士登山に」の運動へと取り組んだ経過と意義・成果。女性初のエヴェレスト登頂の当時と現在の山の状況をスライドで解説し、山のごみ問題に取り組んでいること。最後にはご自身の出身地福島・三春町のコマーシャルを交え、1時間半ぴったりの講演が閉じられた。
 体調がいまひとつであったにも拘らず帯津先生の頼みだからと、凛としたお声で話して下さり、本当に感謝感謝でした。(三心会 K.K)

        2016戸隠合宿、郭林30周年に相応しく60名を超える参加者(2016/9)
        9月3日から5日の3日間に亘って恒例の戸隠合宿を行いました。参加者が60名を超えるということで、収容力の
       多い会場(宿舎)に変更し、参加者思い通りの3日間を過ごすことの出来る、そんな合宿をモットーに行いました。
       お天気にも恵まれ、早朝練功もバッチリ。例年のことながら、戸隠奥社へ多くの人が行きました。とても心洗われる
       ひと時だったようです。
        初日夜の茶話会もなかなか充実した会になりました。今回初めての参加者も多く、諸先輩の体験から滲み出る
       お話は、これからの各自の力強い道しるべとして、とても参考になったようです。自然からの受け止めた気、参加者
       のみんなから貰った気、大きな生きる力になったようです。
 日本の郭林新気功は30年前 1986年8月16日 産声をあげました(2016/7)
 日本の郭林新気功は萬田靖武・紀子先生の何物にも代えがたい善意と熱意によって「郭林新気功同好会」としてスタートしました。以来多くの人が、夫々のがんを克服するために郭林新気功を覚え、萬田夫妻に支えられ、多くのがん仲間と励まし合いながら、がんをのり越えて来ました。 7月16日がん仲間が一堂に会し、細やかなミニ・パーティーを開き、郭林新気功協会の30周年をお祝いし、郭林新気功を武器としてがんを克服する強い気持ちを確認し合いました。

 30周年記念 第3弾「すばるクリニック院長 伊丹先生の講演会」(2016/7)
 7月16日協会創立30周年を記念する講演会として、倉敷からすばるクリニック院長・伊丹仁朗先生をお招きして講演会を行いました。
テーマは「ガン難民を激増させる標準治療の構造的欠陥〜闘病者は何をなすべきか〜」 受講者は70名を超え、伊丹先生の熱のこもったお話をひとつも聞き逃すまいと真剣に聞き入っていました。 

 会員による体験集『がんに克つ 私の体験』が発刊されました(2016/4)


 郭林新気功協会創立30周年記念事業のひとつとして、昨年秋から教室会員のみなさんにご自分の病気と向き合ってきた思いを体験文として寄稿して下さるよう呼びかけ、このたび体験集として100ページの文集に纏めることが出来ました。 これを読むことで、”がんに負けない”というそれぞれの思いが伝わり、とても心強い力を貰うことが出来、また、一人で闘っているのではなく仲間と一緒に闘っているのだと言うことを実感できました。 





 恒例の春の茶話会開催(2016/4)
 4月19日三心会で恒例の春の茶話会が行われました。 今回は茶話会初参加の人からお話が始まりました。 ご自分の病気のこと、何故気功にたどり着いたかということなどなど、忌憚のないお話がありました。先輩からもご自分の体験を踏まえた助言などが話されました。
 この日は半年掛けてようやく完成した体験集が完成して配布されたこともあって、参加者も40名を越え、全員の方にお話を頂き、とても内容の濃い充実した茶話会となり、入会から日の浅い方々にはとても有意義なひと時となったことと思います。

 創立30周年記念 第2弾「今津嘉宏先生講演会」(2016/3)
 
 平成28年3月6日、テレビ朝日番組「林修の今でしょ!講座」でおなじみの今津先生に「がん医療と漢方」をテーマにお話頂きました。当日の受講者は三心会・康復会に加え水戸教室からも参加があり50名を超えました。免疫を上げるために大切な、体温を上げること、良い睡眠、そしてがん医療と漢方薬の関わりなどのお話の後、がん化学療法や手術・放射線治療の後遺症緩和と漢方薬について受講者から次々と質問があり、ひとつひとつ丁寧な分かり易いお話を頂きました。今津先生の歯切れの良い分かり易いお話に魅了された講演会でした。

2015年度の年功賞 賞書授与式と秋の茶話会が行われました(2015/11)
 
 11月24日(火)三心会・早稲田教室において今年度の年功賞賞書授与式と秋の茶話会が行われました。
 三心会では1年功が8名、3年功が5名、15年功が1名授与されました。 茶話会では授与された方からそれぞれお話がありました。 
 ようやく1年経った人は、まだまだ油断出来ない状況に中で、気功と言う病気と闘う武器を持っていることで、自分が心にゆとりを持ことが出来、闘う自信がついたとのこと。 3年功の人は、ここまで気功をやり続けて来て、やればやれると言う強い自分を感じているよう です。 15年功の人は、病気の事だけでなく、まさに色々あったこの15年を振り返り、ここまで来れたと言う感慨を語って下さいました。
  この後、康復会・東銀座教室では1年功1名、3年功3名、5年功1名、10年功1名、20年功2名が、水戸教室では1年功1名が授与さ れます。
 戸隠合宿2015、今年も沢山の人の参加を得て充実した合宿になりました(2015/9)


 平成27年9月5日から7日にかけて自然に囲まれた戸隠で恒例の合宿が行われました。ここ数年はいつも天候に恵まれた合宿でしたが、流石に今年は8月から続いている異常気象に影響を受け、2日目からは雨となり、旅館の大広間での練功となってしまいました。
 その代わり、例年以上に交流の密度が深まり、全国の教室と教室の枠を超えた横の交流が深まったようです。 来年の郭林新気功協会30周年の記念事業についても提案が飛び出していました。 2日目の朝は雨はなく、戸隠神社奥社の参道で早朝練功が出来たことはとても幸いでした。

 創立30周年記念イベント第2弾、教室から外に出て「一日公園気功」(2015/7)

 平成27年7月28日(火)三心会と康復会合同で「一日公園気功」を実施しました。場所は東京大学本郷キャンパス・農学部の緑に囲まれた校庭です。この日は前日まで猛暑続きで、おまけに台風12号が来るかも知れないと言った予報だったのですが、参加者の30名のパワーが功を奏したのか、台風は消え、猛暑もややクールダウン。ちょっと心配された雷豪雨もなく、爽やかな風のなか木陰を縫って13:30〜14:30の2時間に亘って全員での自然行功練功とグループに分かれてのいくつかの歩く気功を楽しみました。
 この後、キャンパス内を三四郎池まで散策し、正門向かい側にある喫茶『ルオー』にておしゃべりタイム。喫茶『ルオー』は歴史も古く、先日亡くなった鶴見俊輔や開高健なども学生時代に通っていたとのこと。私達もお茶とケーキを頼む人や名物のカレーライスを食べる人やで、1時間ばかりダベリングを楽しんで解散しました。
 創立30周年記念イベント第1弾「今村貴樹先生講演会」(2015/6)

 平成27年6月14日創立30周年記念イベントがスタートしました。今回は千葉ポートメディカルクリニック院長今村貴樹先生から「がんの個別化診療はここまで進んだ」と言うテーマでお話し下さいました。受講者は三心会、康復会のみなさんを中心に44名の参加者で、がんと闘ううえでそれぞれが今まさに直面している抗がん剤治療をどのように考えて行けば良いのかについて指針となるお話の内容でした。それだけに、お話の後の質疑応答の時間では次々と質問が出されましたが、今村先生はひとつひとつ丁寧にお答えになり、とても密度の高い講演会でした。
2015年春の茶話会で創立30周年に向けての企画が発表されました。(2015/4)


 平成27年4月21日三心会の春の茶話会が行われました。来年8月で郭林新気功協会が創立30周年を迎えると言うことで、教室にお出でになる会員(受講生)と講師が一緒になって企画しているイベントプランが発表されました。これまでと違って、会員(受講生)のみなさんにも30周年イベントの企画段階から参加してもらい、自分たちのイベントとして進めて行こうと言う動きになっています。
 イベントの柱として、外部講師による講演会、外へ出ての公園教室、合宿・茶話会など例年行事のグレードアップ、新しいテキストづくりなどなどが考えられています。外部講師による講演会は今年の6月から始まります。
三心会2014年度年功賞書授与式と茶話会が行われました。(2014/12) 

 三心会では去る11月25日恒例の年功賞書授与式と茶話会が行われました。 今年の受賞者は12名、内訳は 20年功=1名、5年功=1名、3年功=5名、1年功=5名の方々でした。
 三心(信心、決心、恒心)を確立し、毎日毎日たゆまず練功を積み重ねて来られたご努力に敬服いたします。 きっと後進のみなさんにとって、これが大きな励ましになることと思います。 いたずらに怖れることなく、しかし決して侮ることなく、病気に立ち向かい、日々練功に励んで行きましょう。
恒例の2014戸隠合宿、今年も多くの参加者を得て、
                 ゆったりとした大自然の中で行われました(2014/9)


 9月6〜8日の3日間に亘って恒例の戸隠合宿が行われました。 前日まで雨続きだったのが、参加メンバーの念力?でこの日から好天に恵まれ、豊かな大自然に包まれ、日常から離れてゆったりとした心地よい3日間を過ごすことが出来ました。
 夜の交流会では、京都教室の気功歴10年のメンバーからすい臓がんを克服した体験談をお話頂き、参加者みんなが勇気付けられる元気をもらい、翌朝食後の集いでは、やはり京都教室のメンバーお二人による、歌と語りで綴る「萬田前代表 郭林気功教室立ち上げ一代記」を演じて頂き、故萬田靖武初代代表への感謝の念を新たにしました。
 春の茶話会が行われました(2014/4)

 4月22日三心会早稲田教室で恒例の茶話会が行われました。 今回は入会されてから1〜3年ほど経った方から普段どんな形で気功に取り組んでいるかについてお話があり、それに対してここ最近に入会された方からも質問が出されたりして、「継続が力となる」ことをみんなで確認し合えたとても有意義なひと時になりました。
 雑誌「からだにいいこと」6月号(祥伝社刊)で郭林新気功が紹介されました(2014/4)

 女性誌「からだにいいこと」6月号の記事”「私ががんだったら受けたい」医師が選んだ
代替療法”のなかで、すばるクリニック院長伊丹仁朗先生が @副作用がほとんどない。
A科学的な裏付けがある。 B治療費が比較的安い。と言う選択基準を踏まえて推奨する
代替療法のひとつとして郭林新気功が掲載されています。詳細は本誌80〜81ページを
ご覧になってください。

         


 11月19日恒例の三心会2013年度年功賞の表彰と茶話会が行われました。(2013/11)

 今年の年功賞は10名の方が受賞されました。 内訳は、20年功 1名、15年功 2名、5年功 2名、1年功 5名でした。 今年は病気を乗り越えた後も、油断することなく、気功を健康の友として、養生功として気功を続けておられる方が節目を迎えて受賞されたのが特徴でした。 あとの茶話会でも話題になりましたが、このことは気功を始めてから間のない方、ようやく1年を迎えた方々にとても大きな励みとなったようです。  茶話会冒頭では、書をたしなむ講師のまるみさんから「疾風知勁草」の言葉について説明がありました。 「しなやかな草はどんな疾風にも耐える強い力を持っている。」と言うことで、私たちが病気に対するには心身ともに、しなやかな力がとても大切だと言うことでした。 今回の受賞はそれぞれの方々が病気に打ち克つために三心(信心、決心、恒心)を固め、自分が主治医との決意で乗り越えてこられた成果です。 素晴らしい成果です。 しかし、まだまだ道は半ばです。 これからも全ては自分のためと思い定めて、仲間と一緒に自信をもって気功を続けて行きましょう。

 2013戸隠合宿、61名の参加を得て開催されました。(2013/9)

 9月7〜9日の3日間に亘って、今年で15回目となる戸隠合宿が行われました。 生憎2日目のお昼まで雨にたたられ、宿泊所の大広間で気功を行いましたが、午後から晴れ、綺麗な青空が見えてきて、早速戸隠森林植物園へ。大自然の中で練功し、新鮮な空気と優しい自然の気を満喫しました。 3日目の早朝練功は恒例により、今や若い女性からパワースポットとして大人気の戸隠神社奥社参道で練功。 合宿オリエンテーションには4名の方が参加、1日目夜の茶話会と、2日目からの一般練功にも合流し、がんと闘っている人たちとは思えないほどの明るい雰囲気と元気な姿にびっくりなさったようです。 戸隠は秋ともなると”新そば”の季節、9月下旬から11月いっぱい、いろいろな蕎麦イベントが行われるようです。 そば畑には真っ白な蕎麦の花が真っ盛りでした。

 早稲田教室・三心会で茶話会が行われました(2013/4)

 4月16日早稲田教室・三心会で茶話会が行われました。 春の茶話会では新しくお入りになった方々中心にお話を頂き、その都度、それに応える形で先輩方がご自分の経験の中から助言や応援のお話をされ、あっという間に時間が過ぎてしまいました。 仲間が励まし合い、支え合いながら、一緒になって病気と闘うことの大切さを実感できる、とても有意義な会でした。

 前代表夫人・萬田紀子氏 新代表に就任(2013/2)

 昨年10月萬田靖武前代表が急逝されました。 前代表が勤めていた会社が、30年近く前に当時ブームになっていた気功の教室をスタートさせたが、事業化の目処が立たず中止した時、それを担当していた前代表が、その教室に通っていたがん体験者を放っておけず、自分で教室を引き継ぎました。 そして紀子夫人をも巻き込んで日本の郭林新気功協会を立上げ、大変な苦労をして北京から何回も講師を招いて指導を受けながら、新気功を創設した郭林女史の精神を大切にし、教室にやって来るがん体験者を支えるために教室を続けられました。 昨年10月のあまりにも突然の萬田靖武前代表急逝に、講師・教室生ともに悲しみがいっぱいでしたが、何としてもこの教室の灯を消さないようにと想いを致し、講師一同の強い要請で、協会創設以来苦楽を共にしてこられた紀子先生に代表就任をお願いし、受けて頂きました。

 恒例の年功賞授与式と北京ツアーの報告会を行いました。(2012/11)

 11月27日三心会の年功賞授与式では、1年功8名、3年功3名、5年功3名、10年功2名、15年功1名、20年功1名、合わせて18名が表彰されました。なかでも病気の厳しい状態を抱えながら、兎に角ようやく1年、3年、5年の年月を乗り越えてきた方々の思いは特別の感慨があったと思います。ここで安心することなく、「ガンに勝つ」の強い信念のもと、郭林新気功を武器にがんに立ち向かってゆく決意を新たにしていました。
 北京抗癌楽園交流ツアー報告会では、郭林新気功の聖地玉淵潭公園での、中国の人たちのいろいろな健康法に取り組む熱気あふれる様子感動したこと、がんを克服した北京抗癌楽園の人たちの体験談を聞き、西洋医学と漢方を軸に郭林新気功を武器としてがんと闘う強い信念に触れ、バランスのとれた食生活の勧めと合わせて、大いに得るところがあったようでした。

 行ってきました「北京抗癌楽園交流ツアー」(2012/9)

 9月13日から18日(6日間)まで、33名の参加者を得て7年振りに北京抗癌楽園との交流ツアーが行われました。 13日ホテルに着いたのは夜9時過ぎでしたが、北京抗癌楽園の楊増和園長はじめ3名の先生方が出迎えて下さり、一同大感激でした。
 翌日は早朝6時からホテルの向にある玉淵譚公園内の郭林新気功発祥の地「生命緑地」を中心に早朝気功。 16日には北京抗癌楽園の幹部講師姜先生による気功指導。 4時間に亘って熱のこもった指導を受けることができました。 翌17日には北京抗癌楽園の楊増和園長と5名のがん体験者を交えて交流会を行いました。 この交流会を通して、郭林新気功を武器として癌と闘う勇気とがんを乗り越える元気をもらいました。
 写真は左から宿泊ホテル、気功指導(中央の黄色のシャツが姜先生)、交流会(演壇中央で立って挨拶中の楊園長)、公園の生命緑洲の碑(この奥の広場には北京抗癌楽園の活動ハウスがある)。
 折しも尖閣諸島の問題で、中国各地で反日デモが行われていることを日本の家族からの情報で知りましたが、北京では公安の統制が効いていたのか、万里の長城や天安門などでも不安を感じることなく観光が出来ました。 また、北京抗癌楽園の先生方も私たちの安全には充分に気遣った対応をして下さいました。 感謝感謝です。

 2012戸隠合宿(2012/6)

 6月2〜4日の3日間恒例の戸隠合宿が行われました。何と今年で14回目になるそうです。今年の参加者は50余名。みんな年に1回の顔合わせを楽しみに東京、京都、岡山、それに地元の長野から集まり、大自然の中での練功を楽しみました。
 1日目は入会して間の無い方たちが萬田代表の基礎講座を受け、ベテランは早速自然公園へ行って自主練功。夕食後は宿泊所大広間で3つのグループに分かれて茶話会。それぞれの病気克服への取組み、普段の生活・練功の楽しみ方、目標・夢などなど、いつになく盛り上がりました。2日目・3日目は奥社参道や自然公園で早朝練功や気功のおさらい会、お昼時には戸隠そばの食べ歩き、温泉などなど、戸隠ならではの生活を満喫しました。大自然のパワースポットとして数年前から人気急上昇中の戸隠から、私達も大自然の気・大きなパワーをもらうことが出来た3日間でした。

 2012年春の茶話会が行われました。(2012/4)

 4月24日(火)三心会の茶話会が行われました。 今年に入って入会された方が多くおいでになることから、今回はがん体験を持った先輩として、講師の皆さんや先輩方から新人へのメッセージをお話いただきながら始めました。 どんな思いで三心会に入ったのか、何が自分を強くしたのか、どうやって病気を乗り越えてきたのかなどなど語られました。 新人からは、この会がとても明るいので勇気をもらったとか、ここに来ると自分一人だけでなく、同じ病気とたたかっている仲間がいるので、とても元気が出ると言ったお話がありました。 先輩後輩が一緒になって仲間どうして支え合う力が、きっとがんに打ち克つ大きな力になることを実感するひとときでした。
 **初めて茶話会に参加した人から**
 病を得て落ち込んでいたこともあったのですが、茶話会で代表・講師・諸先輩方のお話を伺って、”克服できるのでは”という希望、手応えを得ることが出来ました。本音で語り合える「ソウルフレンド」も出来、感謝の念でいっぱいです。4月の早稲田は初々しい学生の姿も多く、活気に満ちています。ん十年前の春、私もまっさらな教科書を持って、ワクワクしながらこの界隈を歩いていたものでした。シワと白髪は増えましたが、またこの早稲田で「自分治し」を学んでゆきたいです。(Y.W.)

 2011年年功証書授与式と茶話会が行われました。(2011/11)

 今年度の年功証書授与式が三心会で11月22日に行われました。 三心会では、20年功1名、15年功3名、10年功2名、5年功3名、3年功6名、1年功8名の22名が表彰されました。 授与式の後茶話会が行われ、年功証書を授与された方から、それぞれ入会された当時の思いや、これまで癌に立ち向かって来た経緯などをお話頂き、参加者一同癌に負けない強い思いと大きな元気を貰いました。 この先輩方の話が、入会間もない方々にとって、前向きの大きな力になったのではないでしょうか。

 澄み上がった秋空の下、昭和記念公園(東京・立川)で一日錬功を楽しみました(2011/11)


 突き抜けるような高い空、11月とは思えないような暖かい一日、早稲田教室(三心会)のメンバーから26名が参加し、東京都立川市の昭和記念公園で一日錬功を楽しみました。
 10:30、JR西立川駅前の公園入り口に集合。中に入り水鳥の池の端”さざなみ広場”で体操・予備功を行い、「自然行功」で銀杏並木を通り、白いコスモス満開の”原っぱ西花畑”を越えて、みんなの原っぱ中央の”大欅”下で収功・休息。
 昼食後、大自然の中で、ゆったりとした雰囲気の中で「昇降開合松静功」。たっぷりの休息後、ゆっくりぶらぶら散策。花の丘をめぐり、日本庭園へ、紅葉の始まった池之端を一周し、庭園を出て西立川口へ。途中でうっすらと富士山が。 たっぷりと自然に浸った心安らぐ気功的一日を満喫することが出来ました。

 Webサイト「ガンの辞典」小澤編集長が”郭林新気功”の取材に(2011/6)
 去る5月10日(火)Webサイト「ガンの辞典」小澤編集長が”郭林新気功”の取材を希望され、早稲田教室三心会にお出で頂きました。
 午前中萬田代表から郭林新気功の概要についてご説明させて頂き、午後は教室の様子を見て頂きました。 このたび、小澤編集長からWebサイト「ガンの辞典」に取材記を掲載した旨ご連絡がありました。 有難うございました。 ご覧になりたい方は、下記のWebサイト「ガンの辞典」アドレスをクリックしてください。

http://www.gan-jiten.com/store/06/post_6.html


 6月4日から3日間戸隠合宿を開催しました。(2011/6)

 
 新緑の若緑につつまれた戸隠の大自然の中で45名の参加を得て合宿が行われました。 今年は戸隠神社奥社の参道がJR東日本のTVCMで取り上げられ、また女性雑誌などでパワースポットとしてPRされた影響で、大変な賑わいでした。
 そんなことから、ことしはみどり池周辺を中心に練功、都会のざわめきから離れ、ゆったりと癒される大自然の中での3日間満喫しました。
 戸隠の大自然の気場と、45名が一緒に取組む練功から生まれる気場から多くのすばらしい気を貰い、ガンとの戦いが孤独な戦いではなく、多くの仲間と一緒なのだということを実感できた3日間でした。
 4月26日三心会恒例の春の茶話会が行われました。(2011/4)
 毎年のように、初めて茶話会に参加した皆さん中心に、ご自分の病気のこと、先輩に助言を得たいことなどの発言があり、それに先輩が応えるといった形で茶話会が進行しました。こんな中で悩みの多い後輩にとって、先輩の頑張っている様子が伝わり、とても力強い励ましになったようです。

 2010年度年功賞授与式と茶話会が行われました。(2010/11)








 早稲田教室三心会・朝日カルチャー教室合同で11月16日(火)今年度の年功賞授与式が行われました。 受賞された方は1年功12名、3年功2名、5年功1名、10年功1名、合計16名。 併せて、朝日カルチャー教室から5年功3名の方が参加し授与されました。 授与式後の茶話会では、受賞された方々から不安を抱えて入会されたときの思いや、それを気功とともにどのように乗り越えて今日を迎えたかについてお話を聞くことが出来ました。 共に教室に通いながらがんと闘っている仲間にとって、このお話はきっと大きな励ましの言葉になったことでしょう。

 60名をこえる参加者を得て、2010年戸隠合宿が行われました。(2010/9)










 9月4日(土)から6日(月)の3日間に亘って戸隠自然公園を錬功会場にして行われました。 都会の中の日常の生活ではなかなか味わえない大自然に包まれて気功環境に浸った3日間でした。初参加の人には郭林新気功の基礎講座、朝6時からの早朝錬功、午後の個別錬功、夕食後の交流会での語らいなどなど、ゆったりとした雰囲気の中で充ち充ちたひと時を過ごすことが出来ました。

 4月27日三心会の茶話会が行われました。(2010/4)

 今年初めての茶話会が行われました。 初めて茶話会に参加された方々中心に病気のこと、気功に取り組んでいる日常のことなど話が進み、先輩方からも助言や励ましの言葉がありました。 みんな強い気持ちで、明るく前向きにがんと闘う姿勢が印象的でした。

 水戸教室の活動拠点「県立青少年会館」は偕楽園のすぐお隣です
                                           (2010/3)


  水戸偕楽園の3月は梅真っ盛り。 この時期は特急電車も偕楽園駅に臨時停車。 水戸教室の練功日は毎月第2週・第4週の土曜日。 3月の第2土曜日偕楽園駅を降りると人・人・人。 そして梅の花も満開。 人込みの中をさらに行くと「うめ娘」が写真撮影中。
ぐるっと一回りして歴史館へ抜け、そして青少年会館へ。 この日のように暖かくてお天気の良い日には、水戸教室の練功は歴史館の広い庭を使って全員で風呼吸自然行功を楽しみます。 水戸教室については「気功教室入会のお誘い」をご覧ください。
2009年度年功授与式と茶話会を行いました。(2009/12)

去る11月24日 早稲田三心会、12月6日 銀座康復会で恒例の年功授与式・懇親会が行われました。三心会、康復会に入会し、郭林新気功を続けて1年、3年、5年、7年、10年、15年を経過した人をその節目に表彰するものです。
今回の表彰は三心会が23名、1年表彰が14名でした。今年は15年功の方が1名おいでになりました。受賞者は萬田代表から表彰状・寿の菓子そのほか瀬口先生肉筆の色紙をいただき、その後食事をしながらの懇親会にうつりました。懇親会では受賞者が、発病当時のことを改めて思い出し、感激して言葉に詰まったりしながら、それぞれどのように癌と向き合ってきたかなどについて発表が有りました。先輩から或いは講師からもアドバイスや激励などがあり、真剣で熱のこもった空気のなかで2時間半にわたる懇親会が行われました。  (歌川 記)

 2009年度戸隠合宿を開催しました。 参加者は43名でした。(2009/9)


 9月5〜7日の3日間恒例の戸隠合宿を行いました。
 心配された新型インフルエンザも杞憂に終わり、しかも幸いこの3日間は好天に恵まれ、森林公園の木道脇には秋の山野草が咲き乱れ、抜けるような青空の下、早朝練功、個別練功、そしてゆったり自然を楽しむ自由時間などなど、で、戸隠の自然を満喫しました。 最近は、神奈川などの小学生修学旅行が日光などの歴史観光から自然体験学習に切り替える傾向が出て、戸隠を訪れるようになったとのことで、私達が練功している横をガイドさんに連れられた小学生の一群が通り過ぎてゆきました。 私たち大人も時に都会の喧騒を離れ、自然の中に浸ることがとても大切なことではと思う3日間でした。

 今年度2度目の茶話会を行いました。(2009/4)
 1月27日の茶話会に引き続き4月28日に今年2度目の茶話会を行いました。 この2回は新しく入会された方々を中心にお話をした頂きました。 病気のことや心にある思いなど、さまざまなお話があり、それに対する先輩方、仲間達の経験談やアドバイスなど、また励ましの言葉など、時間を忘れての交流でした。 

 次の世代を担う「講師養成講座」が終了しました。(2009/3)
 10名の受講者を迎え、昨年7月から13回に亘って行われた「講師養成講座」が2009年3月8日の”東洋医学入門”を最後に終了しました。 受講者は、すべて自分自身のがん克服を目指して教室(三心会)に通い、郭林新気功に取り組み、郭林新気功を武器として安定した状態を築き上げた人達です。 自分の経験を踏まえて、後進の一人でも多くのがん体験者にがん克服の手立てを伝えたいとの思いから「講師養成講座」を受講して下さった方々です。
 この後は、1年ほどの実地研修を重ね、がん克服を目指して教室に通って来られる方々の思いに寄り添って、指導に当たることが出来るよう研鑽を積むことになっています。
 
 2008年度年功賞書授与式と茶話会を行いました。(2008/11)










 2008年11月18日(火)三心会で2008年度の年功賞書授与式と茶話会を行いました。 1年功から15年功まで、練功を始めてからそれぞれ節目の人達が表彰されました。 その後茶話会で、賞書を授与された方々からここまでやってこられた年月の思いをお話頂きました。 決して平坦ではなかったこれまでの道のりを経て今日を迎えた感慨をしっかりと受け止め、明日への力にとの思いを、参加者みんなが確認し合いました。

 山形大准教授 峰岸先生が郭林新気功の研究結果を発表(2008/11)
    「郭林新気功が空間的脳電位活動にもたらす影響について」

 去る10月4日、第24回日本催眠学会学術大会が、アステラス製薬本社ホールで開催され、予てから郭林新気功を研究されている峰岸由紀子先生(山形大学准教授)が上記の演題で発表されました。
 峰岸先生は、ご自身の虚弱体質を東洋医学を利用して改善され、そのメカニズムの解明のため、OLから研究者に転じたと言う異色の経歴の方です。 研究対象である郭林新気功に取り組む人には闘病者が多いので、峰岸先生の、研究効率を優先するのではなく、闘病者に寄り添った、思いやりに満ちた、粘り強い研究姿勢には頭が下がります。
 今回の発表は第3弾となり、今後も引き続き研究・報告を重ねてゆかれるご予定とのこと。 郭林新気功のエビデンスにつながることが期待されます。 

 2008年戸隠合宿開催、今年の参加者は51名でした。(2008/6)


 2008年5月31日(土)〜6月2日(月)の3日間、51名の参加者を得て行われました。 戸隠自然公園の木道、池の周り、戸隠神社奥社の参道などで、生気あふれる新緑の息吹に包まれて、今年もまた沢山のエネルギーを貰うことが出来ました。
 今年のオリエンテーションには、三心会メンバーに誘われて同じがんを抱える熊本の人、沖縄の妹さんに代わって郭林新気功の功法・理法を学び伝えたいと言う人などなどもおられました。
 早朝練功、午後のグループ別功法勉強会、夕食後の懇親会などとても充実した合宿となりました。
 既に季節は初夏ですが、戸隠山には未だ雪が残っており、練功をした自然公園の池には遅咲きの水芭蕉が残っていました。 

 2008年最初の茶話会が行われました。(2008/4)









 2008年4月22日(火)三心会で茶話会が行われました。 昨年12月の茶話会以降三心会に入会された方々を中心に、お話が進みました。 会に入った動機、最近思うこと、先輩への質問などなど。 そして、先輩からの経験談や助言などなど。 西洋医学による医療に加え、気功を武器にして”がんを克服した”先輩や、いま現在厳しい放射線や化学療法に堪えつつがんと闘っている人達の報告。 どの話からもみんなが元気もらいました。
 最後に、NHKの「クローズアップ現代」で放映された”がんに負けない・あきらめない”のビデオを見て、お互いに”がんに負けないで、生きることを大切にする強い想い”を確認し合いました。

 三心会で2007年度年功賞書授与式と茶話会を行いました。(2007/12)
 
 2007年12月4日(火)三心会の年功賞書授与式と茶話会を行いました。 今年は1年功13名、3年功2名、5年功9名、7年功3名、10年功1名、15年功1名が対象となりました。 茶話会では受賞者が、がんに立ち向かって気功を始めてからここまで来ることが出来たそれぞれの思いを、そして後輩へのメッセージを熱く語ってくれました。 初心者にとっては受賞者が目標となり、大きな励みとなったことでしょう。 此れに先立ち、11月25日に行われた康復会の年功賞書授与式では13名が1年功を授与されました。

 水戸教室開講1年半を記念して水戸合宿を開催(2007/10)










 2006年4月に水戸教室が開講してはや1年半、これを記念して水戸教室主催によるオリエンテーション(希望者体験教室)と東京の教室との合同合宿が行われました。 10月27〜28日の2日間、茨城県立青少年会館を合宿会場とし、オリエンテーションには20数名が集まり、2時間余の萬田代表の講義と実技体験を、合宿には水戸教室の会員と、東京の三心会、康復会、朝日カルチャーのメンバーが参加、40名余の合宿となりました。 
 1日目の27日(土)は季節はずれの台風で生憎の荒天、合宿会場内での練功となりましたが、翌日は台風一過の好天となり、早朝練功は偕楽園となりの千波湖で行われました。 千波湖での練功はあたかも北京の大公園内で練功をしているような雰囲気で、とても充実した練功となりました。
 2日目は、水戸教室1周年を記念し、萬田代表の記念公演が行われ、充実したイベントとなりました

 今年も多くの参加者を得て、戸隠の合宿が行われました。(2007/6)
  

 例年の戸隠合宿は秋(9月)に行っていますが、今年は新緑の戸隠となりました。 今回も全国各地から50名を越える参加者が集いました。 都会の中では味わえない大自然にどっぷりと浸って、日常の生活を離れ、ゆったりとした時間を過ごしてもらうことが出来たようです。 日頃色々と心配を掛けている、そして支えてくれている家族に感謝の意を伝えたいとご夫婦で参加された方も何組かおられました。 中には金婚式の記念にというご夫婦もおられ、参加者の皆さんから祝福を受け、和気藹々とした合宿となりました。

 三心会の茶話会が行われました。(2007/4)
  4月17日、5ヶ月ぶりに三心会の茶話会が行われました。 昨年は郭林新気功協会創立20周年の記念事業が重なり、あわただしい年でしたが、今年は少しゆったりした雰囲気の中で行われました。
 今回は、茶話会にはじめて参加した人が多く、その人達のお話を中心に進められました。 初参加の人達の『何としてもガンに克ちたい』という決意に対し、先輩のガン仲間から、肩の力を抜いてガンと立ち向かい、気功を武器としてガンを克服する心構えなどの話があり、とても有意義なひと時でした。

 京都教室が10周年を迎えました。(2007/3)










  シシフー、シシフーと一歩一歩積み重ね、1997年開設以来10年目を迎えました。 3月10日いつもの練功の後、京都教室の仲間たちで記念パーティーを行いました。 京阪神は勿論のこと、遠くは熊本、名古屋、和歌山からも仲間が集まってパーティーはとても盛り上がりました。 教室の中心メンバー確井朗さんのお話「気功してると脳はどうなってるんでっしゃろ?」、気功仲間で編成するおかしな3人組バンド”バグンヘ”の「昭和歌謡など歌と演奏」が行われ、仲間同士の会話も大いに弾み、のりに乗った楽しい会となりました。 気功を友に明日に向かってがんに立ち向かうエネルギーを増幅する会でした。
 2006年度康復会表彰会と懇親会(2006/12)










 12月3日、日曜抗がん教室・康復会(築地)も年功表彰式と懇親会を行いました。 北京の誕生会に倣い年に一度、入会して3,5,7,10,15年の人を表彰しています。 今年からそれに加えて入会して1年を越えた人にも、最初の1年を「よく練功を続けました」ということで表彰することになりました。 康復会では仕事をしながら新気功を続けている人がほとんどなのですが、既に忙しい仕事を続けていながら癌を克服している人を含めて20数名が参加しています。 先輩は後輩に、癌・気功・生活などについていろいろアドバイスし、一年目、二年目の人も熱心に質問したりして、真剣で熱のこもった懇親会となり、あっという間に3時間が過ぎてしまいました。 この 年に一回の懇親会には、新気功を長く続けて表彰されている人が後輩のために少しでも力になりたいと、どのように癌と向き合ってきたかについて、練功・食事・家族・会社・医師との付き合い方など、自分の体験を主体に直接語りかけてくれるので、後輩にとっては大変な励まし・元気付けになっているようです。 ところで、冒頭の写真にあるポスターは12年前に進行性胃がんを約13時間に及ぶ胃全摘手術を受けて、今も元気でご活躍の会員が後輩のために、郭林新気功の「三心(決心、信心、恒心)」を西遊記の人気者と組み合わせて表し、皆さんの力付けになればと送ってくれたものです。(歌川 記)

 2006年度年功賞書授与式と茶話会を開催(2006/11)











 11月21日恒例の2006年度年功賞書授与式とそれに引き続き茶話会を開催しました。 例年は3年功から表彰していたのですが、それに加えて今年からの新しい試みとして、気功を始めて1年経った人に”継続することの大切さ”を受け止めてもらいたいとの思いを込めて1年頑張ったことを讃える表彰も行いました。 今年の最高の年功は15年でした。 引き続き、茶話会では各受賞者のお話がありましたが、特に1年の人への励ましの言葉がみんなから寄せられました。

 郭林新気功協会創立20周年記念事業第3弾
   「生きがい療法」で有名な伊丹仁朗氏の講演会を開催しました。(2006/11)

  
 郭林新気功協会創立20周年記念事業の最後を飾る講演会第3弾を東京国立近代美術館・講堂にて開催しました。 講師はがん闘病者とのモンブラン登山や北極圏ツアーなどの実践で話題を呼んだ 「生きがい療法」の開発者 伊丹仁朗氏 。 内容は「あなたのガン克服に今すぐ出来ること」と題してがん闘病者の悩み、迷い解決のヒントとなる実践的なものでした。 講演後、130名ほどの参加者から次々と行われた質問にも一つ一つ丁寧に説明がなされました。 講演に先立ち、郭林新気功の教室に通っている3人の方からがんに立ち向かっている日頃の心の在り様とか、気功ライフの様子など力付けられる報告がなされ、有意義な会となりました。
 終演後、近くの自然食レストラン”クシ・ガーデン”で20周年記念パーティーが行われ、伊丹先生はじめ京都、長野、水戸から参加したメンバーも一緒になり、お互いに励ましあい楽しいひと時を過ごしました。

 郭林新気功協会創立20周年記念事業第2弾
    「闘病の知恵」と題して服部忍氏の講演会を行いました。(2006/9)



 9月19日三心会の教室が開かれている早稲田奉仕園にて郭林新気功協会創立20周年記念事業第2弾の講演会を行いました。 講師は伊丹仁朗先生との共著「がん医療のスキマ30の可能性」でワトソン君として参加された服部忍氏。 テーマは「闘病の知恵」。 がん情報の取り方、インターネット情報の光と影、未承認薬のこと、食事・運動と免疫、心のケアと体の治療の両輪などなどとても参考になるお話を頂きました。

 晩夏、秋の気配を肌いっぱいに受け止めて戸隠合宿(2006/9)

  9月2〜4日、例年より半月ほど早く戸隠合宿が行われました。 今回は東京の三心会、庚復会、朝日カルチャーはじめ、京都、岡山、水戸、それに地元長野のメンバー、総勢68名の参加でした。
 戸隠の大自然の中で、早朝6時からと午後3時からの全員練功のほか、初めての人のための萬田代表によるオリエンテーション、参加講師8名によるグループ別功法指導、夜の交流会などなど盛り沢山。 自由時間には近隣の自然の中を散策したり、戸隠そば(新そば)を食べに行ったりと、日ごろの喧騒をしばし忘れて、心と身体のリフレッシュが出来ました。
 掲載の写真は公園内の木道と奥社参道の杉並木です。 どんな雰囲気の中で気功を楽しんだかお分かり頂けるでしょう。

 郭林新気功協会創立20周年記念事業第1弾
  ”ソレイユ会長 中村道子さん 講演会”を開催しました。
(2006/7)

 今年は萬田代表が日本で郭林新気功協会を創立して20年の節目の年となりました。このことを記念し、がん体験者の役に立つ記念事業をと検討をかさね、日ごろの悩みや思いを解決する手助けになればと、がんサポートの実践的な活動をしておられる方々の連続講演会を企画しました。
 その第1弾として7月11日(火)、自らの体験を踏まえながら、乳がん体験者の会を主宰し、乳がん体験者の心の支えとなっておられるソレイユ会長中村道子さんの講演会を行いました。
 中村さんからは、自らの体験を踏まえ、がん患者はどうあるべきか、主治医とどう接するべきか、セカンドオピニオンについてなどなど、実践的なお話を頂きました。 講演のあと、参加者の切実な質問、相談に親身にそして丁寧に応えられ、参加者納得の有意義な会となりました。

 新緑のゴルフコースで水戸合宿(2006/5)










 例年春の合宿は箱根芦ノ湖畔でしたが、4月に水戸教室がスタートしたこともあり、5月28〜29日の2日間、今回初めて茨城県那珂市のリゾートホテルで合宿を行いました。 当日は朝から雷と豪雨という生憎の悪天候でどうなることかと心配しましたが、参加者の思いが天に通じたのか、午後は雨が止み練功時には青空が垣間見え、2日目は日が差す暖かい日となりました。 練功は2日間ともホテル隣接の増設途中のゴルフコースの中で行いました。 広々とした緑の芝生、新緑の木々の中で気持ちの良い練功が出来ました。
 夜の交流会では、茨城県立友部病院の臨床心理士・小原先生にお話を頂くなど有意義なひとときを過ごしました。 翌日お昼には地元名物のゆばとお豆腐の料理に舌鼓を打ち、心も身体も、そしてお腹もリフレッシュ、参加者41名納得の合宿でした。

 水戸教室が開設されました(2006/4)
  4月22日(土)茨城県総合福祉会館にて水戸教室の開講式が行われました。 入会者24名。 うち18名の出席者が萬田代表夫妻の熱い指導を受け、郭林新気功で病に立ち向かう新たな意欲を持って頂けたものと思います。
 高く聳える大樹の太い幹に新しい枝が伸びゆくさまを眺めながら、この時期に芽生えた水戸での郭林新気功がこの地に深く根を張り、枝を伸ばし、葉を繁らせ、確かなものとして発展し、広まって行けるよう期待されます。


  2006年度最初の三心会茶話会が行われました。(2006/4)

 この半年ほどの間にがんと闘う多くの仲間が新しく入会されました。 今回の茶話会ではこの方たち中心に、入会に至った経緯や今の心境などを思いっきりお話頂きました。 先輩からも励ましの言葉があり、「絶対がんに負けない」との決意のもと、みんなで一緒にがんを克服することを確認し合いました。 また、日本の郭林新気功20周年を期により良い三心会にしたいということでアンケートが行われ、この日はその集計結果を踏まえて萬田代表や講師から今後の三心会運営の方向性、気功への取組みなどお話がありました。

  2005年度年功授与式と茶話会が行われました。(2005/11)












 11月15日、2005年度の年功賞書授与式と茶話会が行われました。 今年は3年功9名、5年功4名、7年功3名と例年になく多くの方が授与されました。 引き続き行われた茶話会では、萬田代表の北京抗癌楽園訪問の報告で、郭林新気功によって前向きに力強くがんと闘っている中国のひとびとの様子が紹介されました。 その後、年功賞書を授与された方々から前向きのがん克服に立ち向かっている日頃の思い等が話され、みんなでその喜びを共有しました。

  2005年度の北京抗癌楽園訪問、充実した実り多い成果が得られた旅行でした。(2005/9)
 誕生会壇上の萬田代表と
        北京抗癌楽園の幹部
 北京抗癌楽園の幹部と
    日本講師陣との交流懇談会
 北京の気功拠点「玉淵単公園」の
                正面入口
     玉淵単公園で
         練功している人々

  2005年9月15日〜20日の6日間北京抗癌楽園訪問旅行が行われました。 今回は講師陣を中心にしたメンバーが訪問、北京抗癌楽園の幹部との懇談が中心でした。 例年の誕生会のほかに、抗がん功法の指導ポイントの確認とか気功によってがんを乗り越えることに成功している人達との体験交流などとても実り多い訪問旅行でした。 北京には「北海公園」「玉淵単公園」など東京の新宿御苑や石神井公園を合わせたような大きな公園がいくつもあり、早朝5時過ぎからぞくぞくと多くの人がやってきます。 この人達が黙々と歩いたり、池で泳いだり、そして気功をしています。 休日ともなると、グループで社交ダンスをしたり、民俗舞踊をしたり、合唱をしたリ、勿論郭林新気功も熱心に行われています。 玉淵単公園は郭林新気功の発祥に地です。
  詳細は別ページで掲載します。右のボタンをクリックして下さい。

 今年の戸隠合宿は40名を超える人が参加しました。(2005/9)


 2005年9月3日〜5日の3日間、例年どおり戸隠の合宿が行われました。 今年は、三心会、長野教室メンバーのほかに康復会、朝日カルチャー、京都、岡山のメンバーも参加、総勢40名を超える参加でした。
 今年は新しい試みとしてホームページ・健康雑誌などを通して、初心者のオリエンテーション参加者を募集し、この方たちにも戸隠合宿に参加して頂きました。 例年のように戸隠森林公園、奥社参道での練功のほか、コース別気功学習など、また夕食後は全員参加の交流懇談会を行いました。 自由時間では近隣の山間地の散策や忍者屋敷の見学などを楽しんでもらったり、戸隠そばの名店で美味しいそばを堪能しました。

  *三心会のページに参加した人達の寄せ書きがあります。 ご覧になって下さい。
 若葉薫る芦の湖畔で2年ぶりの箱根合宿 (2005/5)
   2005年5月29〜30日の2日間、30名ほどの会員が参加し箱根芦の湖畔にて行われました。 昨年は戸隠での合宿を6月にしたために、箱根合宿はありませんでした。 例年箱根合宿は和風温泉旅館芙蓉亭を宿泊会場にするため、特に女性には夕食の会席料理が人気。 2年振りと言うことで大いに待たれていました。 
   一日目は15時から2時間ばかり芦の湖畔で練功。 芦ノ湖のマイナスイオン、湖畔の若葉薫る緑につつまれとても気持ちの良い一時でした。 二日目はあいにくの雨となり、6時からの早朝練功は大広間での室内練功となってしまいましたが、30人の力強い気場に浸ることが出来ました。

  *三心会のページに参加した人達の寄せ書きがあります。 ご覧になって下さい。
 三心会茶話会が半年振りに行われました。(2005/4)


 2005年度の茶話会は4月26日に行われました。 参加者全員による風呼吸自然行功のあと、久々に萬田代表の「気功的生活のすすめ」と題する講話がありました。 郭林女史が新気功を生み出した経緯、郭林新気功の根本「放松」「入静」「風呼吸」について、「放松」「入静」「風呼吸」の日常生活の中での実践とその大切さなどについてお話がありました。
  このあと、みんなで持ち寄った手づくりの食べ物、お菓子などを頬張りながら、懇談しました。 それぞれがどんな思いでがんと闘い、気功に取組んでいるかや家族の支えに対する感謝の気持ちなど多くのことを語り合いました。 この語り合いを通して、お互いに励ましを受け、元気を貰い、ともにたたかう仲間がいることを確認し合いました。
 大阪・泉南市”あいぴあ泉南”主催の「あいぴあ気功講座」で
            《郭林新気功》が取り上げられました。(2005/1)

 

  2005年1月21日、28日の二日間、大阪・泉南市の総合福祉センター”あいぴあ泉南”主催の「あいぴあ気功講座」で《郭林新気功》の講座・実技指導が行われました。 対象は@60歳以上の方、Aがん患者の方 各20名。 日頃のストレスを解消し、免疫力を高め生活習慣病を克服しようと熱心に受講されました。
 2004年度年功賞書授与式と茶話会が行われました(2004/11)


 11月2日 三心会で2004年度年功賞書授与式と茶話会が行われました。 今年は3年功が8名、10年功が1名でした。 そのあと、北京抗癌楽園訪問旅行の報告会がビデオを使いながら行われ、引き続き茶話会となりました。 茶話会では、年功賞書を貰った人たちの夫々の思いやこれからの抱負が語られたり、ここ半年の間に三心会に参加した人たちの心のうち等が話されたりしました。 病気と闘っているのは自分ひとりではなく、三心会での交流を通して多くの仲間が一緒に支えあって戦っているということを確認し合いました。
 中国 北京抗癌楽園への交流旅行が9月に!(2004/11)


 2001年以来3年ぶりに北京抗癌楽園への交流訪問旅行が9月13日〜18日に闘病者の方たち19名の参加を得て行われました。 会員数9,000人を超える北京抗癌楽園の活気あふれるパワーを浴び、元気を貰う素晴らしいチャンスとなりました。 今回の旅行では大きなイベントが二つありました。 ひとつは闘病者の日中体験交流会。二つ目は北京抗癌楽園の誕生会への参加でした。
 この誕生会は病気になってから5年目、10年目、15年目、20年目・・・・・と5年毎の節目を祝福し合う、元気溢れた盛大なイベントです。
  詳しい内容を別ページでお伝えしています。写真も満載です。ご覧になって下さい。
*これ以前の記事は右のボタンをクリックするとご覧になれます。
 先頭へ
先頭へ トピックス 郭林新気功とは!